Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

条件分岐ifの公式1

広告

この章ではif文について説明します。
条件分岐とは例えば生活の場面で、もし、今日財布にお金が10000円あったらフランス料理にして、20000円あったら中華料理にすると皆さん判断していますが、プログラムでもこのような表現が出来る機能が備わっています。
このことを条件分岐と言います。9 〇 ifは英語のifと同じで「もしも」という意味です。
〇条件式は条件を満たしていればtrueを返し、条件を満たしていないのならばfalseを返します。
trueとfalseについては後ほど説明しますが、ここでは条件式が条件を満たしていればif文が実行され、条件を満たしていなければif文は実行されないとだけ覚えておいてください。
〇条件式は9とか9などの表現を99のような記号を使って表現します。
ではif文の構造について説明します。9 「if 条件式:」の部分をヘッダ行と言います。
条件式の終わりには「:」を付けます。
ヘッダ行から下がステートメントブロックと呼ばれています。
ステートメントブロック内の文が複数ある場合はインデントを揃えてください。
次のようにインデントがずれているとエラーになります。9 インデントを揃えるのはif文だけではなく、この章以降に説明するfor文やwhile文でも共通した規則なので覚えておいてください。
条件式は9とか9などの表現を「>」や「<」のような記号を使って表現しますと説明しましたが、これらの記号を関係演算子と言います。
関係演算子は「>」や「<」の他にもあります。99 ではここからは何がtrueで何がfalseか見てみましょう。9 numは1より大きく、条件を満たしているので、trueになります。
このように条件を満たしていることをtrueと言います。
もっと正確に言うと、条件式は条件を満たしていればtrueになり、ブロックの中が実行され、条件を満たしていないならばfalseになり、その文は実行されません。
結果は以下の通りです。9 以下のようにインデントが揃っていないとエラーになります。9 結果はインデントエラーが出力されます。9

次は文字列の比較をしてみましょう。9 nameの値と条件式の9は等しく、trueなので、「実行されました」が出力されます。
次はfalseの例を見てみましょう。9 結果は何も表示されません。
なぜなら「num<1」の条件式が条件を満たしていないからです。
つまりfalseになり,ブロックの中は実行されません。

次の例を見てみましょう。9 =>nameの値と条件式の9は等しくないので、trueとなり、「実行されました」が出力されます。
関係演算子「!」の意味を確認してください。9 関係演算子を使わなくても、条件式は書くことが出来るので、次の例で説明します。9 これまでは関係演算子を使って、2つのデータの比較を行っていましたが、それだけではなくて、変数やリストやディクショナリなどに何かデータが入っているかどうかをif文を使って、確認することができます。
この例では変数aには5と言う数値が入っているので条件式がtrueになり、「trueです」が出力されます。
つまり、何かデータが入っていればtrueです。
次はfalseの例を見てみましょう。9 この例は条件式がfalseなので何も実行されません。9
次の例に進みます。99
9についてはtrue や falseを返すと説明しましたが、これらはif文と組み合わせて使われることが多いです。
結果は次の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top