Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

リストで占いを作ろう

広告

この章では簡単な占いプログラムを作ります。9 では説明を始めます。
以下のuranaiは大吉などのデータをリストで作っています。9 次は以下の箇所の説明をします。9 この中に9と言う記述がありますが、ここではrandint関数を使っています。
9は0から6までの整数値をランダムに生成します。9 randint関数はxからyまでの数値をランダムに生成します。
このrandint関数を使うためにはプログラムの冒頭に以下の記述が必要です。9 このrandint関数を使用するためにはrandomモジュールというファイルを取り入れなくてはいけません。
モジュールというのは機能ごとに分かれているファイルの事です。
例えばrandomモジュールにはrandint関数の他にもrandom関数があります。randomモジュールにはこのような機能が似た関数が複数あり、1つのモジュールとしてまとまっています。
このモジュールを取り入れるには9という記述が必要です。
answerには0から6までの整数値がランダムに入っているので、例えば0が入っているとすると以下のようになりますので、uranaiの0番目の要素である大吉が出力されます。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top