Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

日付に関する関数を知ろう

広告

この章では日付に関する関数について説明します。
プログラム内で日付を扱うことがありますが、その時に「日付を扱う関数」を使います。2015-05-06_181054 date関数はフォーマット文字に応じた日付や時刻を取得します。
フォーマット文字については後ほど説明します。
では例をみてみましょう。2015-05-06_181054 結果は以下の通りです。
「現在の時刻は2012年08月17日14時 01分 53秒です」

この関数は第2引数のタイムスタンプを第1引数のフォーマット文字で変換した日付文字列を返します。
タイムスタンプは省略できますが、省略すると現在の時刻をフォーマット文字で変換した日付文字列を返します。
タイムスタンプとは1970年 1月 1日 0時 0分 0秒からの経過を秒数を表しています。
例えば2012年 1月 25日 22時 20分のタイムスタンプは2015-05-06_181054と表示されます。
次はフォーマット文字について説明します。
先ほどの例のフォーマット文字は2015-05-06_181054です。2015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_181054 strtotime関数は日付/時刻文字列をタイムスタンプに変換する関数です。
タイムスタンプは省略された場合は現在時刻が適用されます。
戻り値は成功したときはタイムスタンプ、失敗した時にはFALSEになります。
では例をみてみましょう。2015-05-06_181054 1時間後の日付時刻を求めたい時はstrtotime関数で1時間後のタイムスタンプを得てから、date関数の引数に入れます。
1時間後は2015-05-06_181054と書きます。
その他にも1日後は2015-05-06_1810542012年09月10日は2015-05-06_181054次の月曜日は2015-05-06_181054と、書きます。2015-05-06_1810542015-05-06_181054 mktime関数は指定した日時のタイムスタンプを取得する関数です。
引数は右端から省略できますが、省略した箇所は現在の日付時刻が使われます。
引数をすべて省略しますと現在のタイムスタンプが返ってきます。2015-05-06_181054 date関数の第2引数にmktimeの戻り値を指定します。
結果は2015-05-06_181054 です。2015-05-06_181054 「年」を省略しますと現在の日付時刻が使われますので、
結果は2015-05-06_181054 です。
2015-05-06_181054getdate関数は指定したタイムスタンプの日付情報を連想配列で返します。
タイムスタンプが指定されない場合は、現在の時間に関する情報を返します。2015-05-06_181054 結果は現在の日付である2015-05-06_181054です。
$dには現在の時間に関する情報が連想配列の形式で入っているので、キーに2015-05-06_181054を指定すると月の情報が得られます。2015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_1810542015-05-06_181054

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top