Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

関数の仮引数に配列を渡そう

広告

この章では関数の仮引数に配列を渡す方法について説明します。
ユーザー定義関数の仮引数には配列も渡すことが出来ます。
配列(array(3,8,4,8))を仮引数の$numberに代入して、その配列の個々の要素をforeachで取り出して合計を算出しています。1 結果は以下の通りです。
「合計は23です」
次の例は呼び出し元に配列を返す例を紹介します。1 この例は戻り値が配列になっていまして、$resultに戻り値を代入しています。
そして、配列$resultの要素をforeachですべて取り出しています。
これにより足し算と引き算の結果を同時に呼び出し元に返すことが出来ます。
結果は以下の通りです。
15 
9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top