Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

switchで占いを作ろう

広告

この例はswitch文で分岐して、占いを作成しています。11111 $numberには0から6までのランダムな数値が入ります。
その数値とcase文を比べて一致しましたら、$resultに結果が入り、その$resultをprint文で出力しています。
1は「数値に関する関数を知ろう」で説明しますが、これは関数と言われているものです。
関数については「ユーザー定義関数について知ろう」で詳しく説明します。
ここでは関数について、少し説明します。
PHPの関数の仕組みはエクセルの関数の仕組みと意味は同じです。
エクセルをご存知の方はわかると思いますが、エクセル関数にSUMと言う関数が有りますが、この関数は指定した範囲のデータに基づいて足し算を行う関数です。
例えば指定した範囲のデータが3,5,7であるならば結果は15です。
SUMには初めから指定した範囲の足し算を行うと言う仕組みが備わっています。
つまり、エクセルの内部機構でSUMの機能は指定した範囲の足し算を行うと言うプログラムがされていると言うことです。
これが関数の意味です。
mt_rand関数は乱数を生成するという決められた処理を行い、乱数と言う結果を返します。1 この例の場合には最小値が0で、最大値が6なので、0から6までのランダムな数値が$numberに入ります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top