Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

foreach文について知ろう

広告

この章ではforeachについて説明します。
foreach文はすべての配列の要素を簡単に取り出すことができます。
今までは以下のように1つずつ配列からデータを取り出していました。1 foreachを使用すると短い構文で簡潔に書くことが出来ます。1 では例をみてみましょう。1 では説明をしていきます。1 配列$animalの中の0番目のデータから順番に取り出されて$valueに代入されます。
そして$valueに代入された値は1で出力されることになります。
ですので、すべての配列のデータを順番に取り出すことが出来ます。1 次は連想配列から配列のキーと値を取り出す方法について説明します。1 キー変数とはキーが入る変数です。値変数とは値を入れる変数と言う意味です。
では例をみてみましょう。1「$key=>$value」にはそれぞれ111が順に入り、print文で出力されます。1 基本構文2は連想配列ではなくても使用することができます。
例を見てみましょう。1この配列は連想配列ではありませんが、添え字の0には猫、添え字の1には犬、添え字の2にはライオン、添え字の3には象、添え字の4にはネズミが入っていますのでキーが入る変数には添え字が入ります。
つまり、自動的に$keyには0から順に添え字が当てられますので
結果は次のようになります。
0は猫
1は犬
2はライオン
3は象
4はネズミ

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top