Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

2次元配列を知ろう

広告

この章では2次元配列について説明します。
2次元配列はarrayを入れ子にすることで表現します。
つまり、arrayの中にarrayが入っているので、配列の中に配列が入っていることを意味します。原理的には2次元以上の配列も作れますがここでは2次元配列のみ説明します。
2次元配列とは以下のように行と列の2次元で考える配列です。1 例えば
data[0][0]は0番目の配列の0番目の要素と言う意味です。
data[0][1]は0番目の配列の1番目の要素と言う意味です。  
data[0][2]は0番目の配列の2番目の要素と言う意味です。
つまり0番目の配列には3つの要素が含まれています
例を見てみましょう。1 以下の配列は、配列の中に3つの配列が含まれています。
1ではこの2次元配列からどのように値を取り出すのかを説明します。
$data[0][0]の初めの0の部分1111に対して前から0,1,2と数えていきますので、1を指しています。
次にdata[0][0]の2つ目の[0]の部分1は0番目の要素である1の中のさらに0番目の要素を指していますので、1の結果はaになります。

図を用意しましたので参考にしてください。1 次に2次元配列の別の書き方について説明します。1 上の2次元配列を書き換えますと以下のようになります。
どちらでも書きやすい方で書いてください。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top