Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

ヒアドキュメントを使おう

広告

この章ではヒアドキュメントについて説明します。
ヒアドキュメントは何列もの長い文字列を出力する時やHTMLのタグを出力するのに便利な方法です。
例題を見てみましょう。1111
区切り文字に付ける名前は自由に付けてください。
始めの区切り文字から終わりの区切り文字までがヒアドキュメントになります。
ヒアドキュメントを使わないのであれば
1と、print文を3個も書かなくてはなりません。
このようなときにヒアドキュメントで記述すると簡潔にプログラムを書けます。
ヒアドキュメントの書き方はprintやechoで直接出力するのか、もしくは一度$languageのような変数に入れてから後でprint やechoで出力するのかのどちらかの方法です。
具体的には以下のように書きます。11 ヒアドキュメントにはいくつかのルールがあります。
1で始まり、1で終わりますが、最後にセミコロンを忘れないで下さい。1 〇終わりの区切り文字の前にスペースを空けてはいけません。
必ず行頭に置いてください。1 〇また、以下のように最後の区切り文字の後ろにコメントなどの文字を入れるのもだめです。1
1から1まではダブルクォートで囲ったのと同じ働きがあります。

ですので、1のように書けばヒアドキュメンの中では変数展開をすることができます。
〇初めの区切り文字の右側にタブやスペースやコメントを入れてはいけません(エラーになります)。11 補足ですが、PHPではHTMLのタグを以下のようにprintやechoで出力できます。
しかし、正直、HTMLのタグをすべてクォートで囲むのは面倒です。11 そこで以下のようにHTML全体をヒアドキュメントに入れてしまうとダブルクォートなどで囲む必要がありませんので便利です。11

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top