Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

issubset関数について知ろう

広告

この章ではaのセットとbのセットの2つのセットがあるとして、bの要素がaの要素をすべて含んでいるかどうかを調べる方法について説明します。
では例をみてみましょう。9 bの要素がaの要素をすべて含んでいるかどうかを調べるには9という構文で書きます。
bの要素がaの要素をすべて含んでいればtrue、含んでいなければfalseを返します。
issubsetメソッドはfrozensetでも使うことが出来ます。
結果は次の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top