Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

difference()とdifference_update()

広告

この章ではaのセットとbのセットの2つのセットがあるとして、aの要素の中でbにはない要素だけを取り出して、セットを作成する3つの方法について説明します。
1つ目をみてみましょう。9 aのセットの要素の中でbのセットの要素にはない要素だけを取り出すには9と言う構文で書きます。
この例ではaの要素の中でbの要素に無い要素は6と8だけですので、cを出力すると9になります。
この例ではcにその組み替えたセットを入れています。
このようにdifferenceメソッドはaの要素の中でbに無い要素だけを取り出し、新たなセットを作成する機能があります。
differenceメソッドはfrozensetでも使うことが出来ます。
結果は以下の通りです。9
2つ目の例をみてみましょう。9 次はaのセットとbのセットの2つのセットがあるとして、aの要素の中でbにはない要素だけを取り出し、aのセットを書き替えるには9という構文で書きます。
この例ではaの要素の中でbの要素に無い要素は6と8だけです。
このようにdifference_update メソッドはaの要素の中でbに無い要素だけを取り出す機能があります。
新たなセットが作成されるのではなく、元のセットが書き替えられます。
difference_updateメソッドはfrozensetでは使うことができません。
結果は以下の通りです。9
3つ目の例をみてみましょう。9 この例ではaのセットの要素の中でbのセットにない要素だけを取り出し、セットを作っています。
その機能は9を使います。9 a -=bのような元のセットaを変更してもいいですし、もしくは9のようにcという新たなセットを作成してもいいです。
9はfrozensetでも使用することができます。
結果は次の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top